月別アーカイブ: 2014年3月

2014/3/13:アジレントより、Trueformテクノロジーによる 33600Aシリーズ 波形発生器 新登場!

33600a3

    アジレント・テクノロジー独自のTrueform信号作成テクノロジーを搭載し、従来のダイレクト・デジタル・シンセシス(DDS)ジェネレータに比べて、機能、忠実度、柔軟性が向上し、優れた波形再現力を有しています。このシリーズは開発プロセス全体の効率化に大きく貢献します。

主な特徴

●100MHzの広帯域パルス(DDSでは制限)の立ち上がりと立ち下がり時間を個別設定可能

●標準的なPRBSパターン、PN3~PN32を使用可、ビット・レート設定、エッジ時間設定可能

●2CHの結合、周波数/振幅、トラッキング、各CHの開始位相、CH間の位相シフト設定可能

●2つの信号の加算、周波数と振幅の個別加算、2トーン加算、方形波/正弦波加算他

詳細は 33600Aシリーズ 波形発生器 のサイトからおすすみください。
お問合せやカタログのご請求は、弊社の営業担当者又はメールで こちら へ

2014/3/7:日本アビオニクスより、赤外線サーモグラフィカメラInfReCR500シリーズ新登場

アビオInfReC R500   

 

 

 

 

 

 

赤外線サーモグラフィカメラ InfReC R500シリーズ 新登場!

優れた光学系と独自の補正技術による高感度・高精度・超解像処理技術による他に類を見ない高精細な熱画像。複数枚超解像処理により、 非冷却型サーモグラフィカメラとしては最高クラスの高解像度を実現。主な特徴は、

●複数枚超解像処理による120万画素の高解像度記録画素数:1280×960

●独自の技術による高感度・高精度 温度分解能:0.03℃at30℃、温度精度:±1℃

●標準レンズで近接撮影、微小物の計測が可能 最小空間分解能58μm相当

●作業効率を向上させるワイドな視野角 測定視野角:水平32°x垂直24°

詳細はこちら のページをご覧ください。

お問合せやカタログのご請求は、弊社の営業担当者又はメールで こちら へ。

 

2014/3/4:「お知らせ」第13回西日本ハムフェアへ参加しました。

3月2日に日産自動車九州の体育館で開催された 第13回西日本ハムフェア へ参加しました。
当日は天気も良く、ご来場者数は1,500名を超え、大変な賑わいでした。
弊社の小間にお越しくださいました大勢のお客様、ありがとうございました。
会場の様子は こちら をご覧ください。
第13回西日本ハムフェアの公式サイトは 第13回西日本ハムフェアー をご覧ください。
お問合せはメールで こちら へ。

2014/3/6:岩通計測より、IWATSU-N4LパアーアナライザPPA55x1/PPA4500シリーズ販売開始

岩通PPA5500

岩通計測より、 IWATSU-N4L パワーアナライザPPA55x1/PPA4500シリーズ 販売開始!
英国Newtons4th社との提携強化に伴い、ダブルブランド製品を販売開始しました。PPA55x1シリーズは先進の高調波・フリッカ対応規格、IEC61000-3-2/3(*1)及びISO17025(UKAS)(*2)に、クラスで唯一対応。PPA4500シリーズはISO17025校正対応。

 

 

主な特徴は、
●最新の高調波、フリッカ測定にクラス唯一のIEC61000-3-2/3規格対応
●常時2.2MS/sの高速サンプリング、1MHzの広帯域で確実な高調波測定が可能
●IEC61000にも適応するDFT演算方式を採用
●取りこぼしのない波形処理
PPA5531/5511(ハーモニクス&フリッカ解析)の詳細はこちら のページを、
PPA5500 / 4500シリーズの詳細はこちら のページをご覧ください。
お問合せやカタログのご請求は、弊社の営業担当者又はメールで こちら へ。